青山学院校友会 箱根駅伝を応援する会|ニュース詳細

ニュース詳細

トップ    >    ニュース詳細

2013-11-25

ユニフォームと初等部ランニングクラブ



5月に実施された第2回青山学院大学陸上競技部との交流練習会の際、原晋監督に、「以前から初等部ラン二ングクラブの子ども達に競技会や記録会で着るユニフォームを作りたいと考えていました。大学陸上競技部ユニフォームと同じようなフレッシュグリーンのすてきなユニフォームを作りたいのですが。」と相談しましたら、原監督は、「わかりました。」と言って、大学陸上競技部のユニフォームを担当しているadidas社を紹介して下さいました。そのことを中村初等部長にもお話し、ユニフォーム作成の許可を得ることができました。adidas社の担当者と相談しながら進め、7月にユニフォームのデザインも決定し、10月後半にはユニフォームが完成し、初等部ランニングクラブの部員に配布することができました。

(ユニフォームは、クラブ駅伝大会で着て走るように子ども達に伝えましたが、ユニフォームを着るのを待ちきれず、駅伝大会の2日前のランニングクラブの練習でユニフォームを着て元気に走っている子どももいて、とてもうれしくなりました。)

11月16日(土)に第4回初等部ランニングクラブ駅伝大会が実施され、ランニングクラブの子ども達は、できたばかりのフレッシュグリーンのユニフォームを着て、たすきをつなぎながら青山学院校内の駅伝コースを元気いっぱい最後の一歩まであきらめないで全力で走り抜きました。あこがれの大学生ランナーのみなさんとほぼ同じユニフォームを着て走る子ども達を見ていると、いつもよりさらにやる気が出て、不思議な力を得ているように感じました。当日は、お天気にも恵まれ、すばらしい一日となりました。今回、初めてお父様チームも、ユニフォームを着た子ども達と走り、子ども達に敗れましたが、親子で走ることを楽しむことができて、とても喜んでいました。私の目の前を走る子ども達の輝いた姿を見て、初等部ランニングクラブを創部できて、本当によかったと心から思いました。

ユニフォームを作ることにあたって、大変お世話になった原晋監督、そして、担当して下さったadidas社の方々一人一人に心から感謝致します。

初等部ランニングクラブ部長:柚村 満




















会長挨拶 支部紹介

関連リンク